布団大辞典は布団や寝具にまつわる用語集。ふとん屋.netで取り扱う様々な布団の特徴や取扱方法などのご紹介

布団大辞典

  • Home>
  • 布団大辞典1

大まかに分けると、布団には羽毛・綿・合繊(ポリエステルわた)・羊毛の4種類があります。

羽毛布団
布団の中で最も保温性・吸保湿性に優れ、人間の健康的な睡眠に最適な寝具として高い評価を得ています。グースやダックといった水鳥たちの羽毛を使用したお布団です。
綿布団
木綿わたは、吸湿性・保温性に優れ、復元力に富んでいます。木綿の繊維は天然のよじれをもっているため、日干しをすると、吸湿した湿気を放湿するとともに、あらゆる繊維の中で最も回復力に優れています。
合繊 (ポリエステルわた入り布団)
軽くてかさ高性に優れ、耐久性も良好です。取扱いが容易で、お布団の価格もお求めやすいのが特長です。ポリエステルわたは、天然繊維とブレンドしてそれぞれの長所を活かした、ポリエステル入り綿布団・ポリエステル入り羊毛布団も多くあります。
羊毛布団
羊毛は、繊維の表面にウロコ(キューティクル)があり、独特な倦縮(クリンプ)があります。他の繊維に比べ吸湿性が非常に高く、発散性にも優れているため、いつもサラっとした快適さを保っています。
  • 睡眠 について
  • 枕の必要性 について
  • 毛布の種類 について
  • 低反発ウレタンフォーム について
  • ガーゼ について

羽毛布団

他の布団に比べ、とても軽く暖かい
他の布団に比べ、とても軽く暖かい

ダウンはタンポポの綿毛の様な形をしており、その小羽枝が絡み合わないので固まることがなく、いつでもふんわりと軽やかで、空気を多量に含みます。
そのためかさ高性に富み、他の布団に比べとても軽く暖かいです。
また、羽毛はその独特のカタチによって羽毛同士が絡み合わないため、小さな圧力が加わっただけで沈み、体にフィットするので暖かい空気を逃さず、冷気の侵入を防ぐのでよい寝心地が得られます。

お手入れが簡単

羽毛は弾性回復率に富み、放湿性にも優れているため、他の布団のように頻繁に日干しする必要はありません。ですが、保温性を高めたり日光消毒のため、月に1〜2回、1〜2時間程度日干しすることを推奨します。

取扱いが便利
取扱いが便利

羽毛布団は小さく折りたたむことができるので、不要の場合は収納にも場所をとらず、パックに収納すれば引っ越しなどの移動の際、極めて便利です。しかし、羽毛布団はできるだけ乾燥した状態で収納することが大切です。長期間使用しない場合は、日に干し乾燥させ、汚れがあれば除去します。木綿の風呂敷などの通気性のよいものに包みます。購入時に入っていたバックでも支障はありませんが、ビニール製など通気性のない場合は、蒸れて臭いが発生したり、羽毛の品質を損なうことがあるので、ビニール面に穴を空け、ファスナーを完全に閉じないようにするなど、蒸れないよう配慮が必要です。

羽毛布団のクリーニング

羽毛布団のクリーニングには水洗い、ドライクリーニングなどの方法がありますが、度重なるドライクリーニングは羽毛の油脂分を必要以上に除去してしまい、機能の低下を招きます。また、水洗いの場合、羽毛にはほとんど影響ありませんが、側生地が縮むことで通気性がやや高くなり羽毛が若干飛出しやすくなるためカバーを掛けて使用し、日干しによる日光消毒をするなどしてなるべくクリーニングの回数を少なくするようにしてください。部分的に側生地が汚れてしまった場合には、すぐつまみ洗いし、十分に乾燥させてください。やむを得ずクリーニングに出す時は、クリーニング業者に相談して行なうことも必要です。

羽毛布団のリフォーム

羽毛布団は丁寧に使用すれば耐久性が高く、側生地が劣化しても側生地を交換し、中の羽毛は再利用できる特徴をもっています。

羽毛の種類

水鳥の羽毛には大きく分けて、『ダウン』と『スモールフェザー』の2種類があります。ダウンは主に水鳥の胸部から腹部に多くみられ、保温性・柔軟性にも優れており、一羽から10〜20gとごく僅かにしか採取できません。ダウンが50%以上のものを羽毛布団、フェザーが50%以上のものを羽根布団と呼称が統一されています。

ゴールドラベル
ゴールドラベルゴールドラベル

日本羽毛製品協同組合が発行する品質を語る安心のラベルです。品質基準(組成混合率・かさ高性・洗浄度など)に合格した、最高級の羽毛原料と優良な側生地を使用し、適正な縫製で仕上げられた羽毛布団である証拠です。『ニューゴールド』『エクセルゴールド』『ロイヤルゴールド』『プレミアゴールド』の順に要件を満たすダウンパワーが高くなります。

ダウンパワー(dp)…羽毛のふくらみを数値化したもので、数値が大きいほどふくらむことを表し、高品質な羽毛となります。かさ高試験方法で測定され、布団の中の羽毛と同程度の圧力をかけた際の、1gあたりの体積(cm3/g)がダウンパワーの数値です。

プレミアゴールドラベル…440dp以上
ロイヤルゴールドラベル…400dp以上
エクセルゴールドラベル…350dp以上
ニューゴールドラベル…300dp以上

綿布団

綿について
綿について

木綿わたは寝返りを打ちやすい適当な硬さと、クッション性を持っています。敷き布団にはインド・パキスタン産のデジ綿(繊維が太くて短いもの)、掛け布団にはメキシコ・アメリカ産の繊維が細く長い綿花がドレープ性を発揮し、よく使用されています。木綿わたにはJIS規格があり、かさ高性・圧縮弾性・白色度等の品質によって、『特級』『1級』『2級』『ポリエステル混』の4種類に分けられており、価格が異なります。

綿布団のお手入れ

天気の良い日に2〜3時間、表と裏の両面を天日で干します。干した後布団を強く叩くと、中綿の繊維が千切れるので注意が必要です。大きめのブラシで優しくホコリを払うか、掃除機で吸い取る方法をお勧めします。湿度の高い日に干したり、湿気の多い場所に収納したりすると逆効果になりますのでご注意ください。

綿布団のクリーニング
綿布団のクリーニング

汚れのひどい時はアクアジェットクリーニング(お布団の丸洗い)をお勧めします。アクアジェットクリーニングにより、布団の汚れ・汗による塩分や雑菌を洗い流すことができ、ダニの生体を死滅させ、糞は水に溶けますので衛生的です。アクアジェットクリーニングをされる場合は、専門業者にご相談ください。ご家庭での水洗いはお避けください。

綿布団の打ち直し

綿布団は、品質のよい木綿わたを使用している場合、打ち直しができます。掛け布団で約5年、敷き布団で約3年が快適に使用していただける期間なので、打ち直しをする目安でもあります。布団の打ち直しは固くなったわたをときほぐすもので、傷んだ繊維を修復するものではありませんが、わたを足すことである程度維持します。

綿混布団

綿の敷き布団には、綿100%のものとポリエステルの混じった綿混布団があります。綿100%は吸収性に優れ、ポリエステル混のものは軽くてかさ高性と弾力性に優れています。お好みによってお使いください。

送料と配送について

送料と配送について 料金表

お支払い方法

クレジット
現在ご利用いただけるクレジットカードはVISA・MASTER・AMEX・JCB・DINERS とその提携カードです。

代金は各カード会員規約に基づき、ご指定の口座より自動引き落としになります。
銀行振込
現金一括の前払いです。
ご注文受付完了メールに記載の口座番号へお振込みください。振込手数料はお客様ご負担にてお願いします。
代金引換(代引き)
商品が届いた際に、商品と引き換えに代金をお支払いいただきます。
返品について
お客様都合の返品は原則お受けしておりません。
詳しくはこちら

ホームページ作成はこちら
お買い物をするならAIモール