ふとん屋ネットが選ばれる理由は安全(A)安心(A)安眠(A)の寝具のトリプル Aをめざす、こだわりです。買って「よかった」を基本とし開発しております

ふとん屋.netが選ばれる理由

  • Home>
  • ふとん屋.netが選ばれる理由
ふとん屋.netが選ばれる理由

株式会社ジンノは、創業者が1966年に神野商店を開業して以来、約50年近くに渡り「使う人の身になった商品を提供すること」をモットーとしてきました。その精神は法人化した今も変わりません。

元来、布団は熟睡するために必要不可欠な道具です。すべての人が使用しており、その種類も多種多様です。安全(A)安心(A)安眠(A)の寝具のトリプル Aという、布団に対する「こだわり」として企業の格付に似せて表現しております。特にこだわっている商品は、ベトナムにおけるエリシルク(野蚕)と産業用大麻を使用した麻混布団です。前者はフェアトレードとして、後者は環境問題という観点で進めております。ただ、お客様に貧困救済を主張し「哀れみ」「環境問題」を前面に出して商品を購入させることはいたしません。それは弊社の主義、主張と異なるからです。「購入してよかった」「いい商品だ」と思っていただくことが基本であります。ご購入後にそれと分かるような商品。これは先ほど書きました「使う人の身になって…」という考えに基づいて開発しており、これが弊社の基本精神なのです。

布団に使用している生地は一般綿ですが、無蛍光、無漂白の生地を使用しているため、天然の証である綿カスが付着しております。これは決して黒カビではありません。プリントはエコテックス100規格の幼児用規格で染色しているため、安心してご使用いただけます。使用生地にも中身の原料にも負けないこだわりがあり、前述しました「よかった」を基本として開発しております。

株式会社 ジンノ 代表取締役 神野 修

布団の材料について

シルクについて
シルクについて

私がベトナムのエリシルクと出会って10年以上が経ちます。
主に東南アジア一帯に生息し、何処にでも茂っているキャッサバ(タピオカ)の葉を好んで食し、病気に強いので一般人でも養蚕が簡単で、暖かい場所では年間4回程収穫できます。しかし、光沢感が鈍く生糸がほとんど取れない種類なので、シルクとしての価値がなく産業になりません。現地の方の貴重な動物性タンパク質として蛹を食するか、シルク原料の混ぜ物(安い原料)として利用するしかありませんでした。そんな繭を「布団綿」として利用できないかと思い、開発を始めました。「光沢感が鈍く生糸が取れなくても、綿としてなら利用価値は高い、しかもエリ種の特性から中国の手引きシルクに負けない品質になる」と自分でいうのも可笑しいですが、本当に完成した時は嬉しかった。難しかった。

当然、フェアトレードとうたっている以上、現地の方と友好関係を構築しなければ成立しません。何度となく北部ハノイ市周辺の山間部の村、南部ホーチミン市周辺の村に行きました。シルクの養蚕の仕事は、働く女性の仕事に位置します。女性は職場ができたことで晩婚になり、少子化が進んでいます。聞きなれた言葉ですが、日本とは逆に子供が多いための弊害が大きいのが東南アジアなのです。聞くところによると、人口の50%はベトナム戦争終結後(1975年)に生まれています。また、稼ぎがあることで、女性の地位向上にも繋がっています。そんな中で、このエリシルクのプロジェクトができた次第です。

麻について
麻について

次に麻ですが、一口に麻といってもいろいろな種類、特性があります。主に寝具用に使用できるのは、ヘンプ(大麻)とリネン(亜麻)ラミー(芋麻)です。しかし、リネンは猫毛で繊維質が細く、紡績用なので嵩だか性がなく適しません。ラミーは繊維質が太いので、敷布団に適していますが、掛布団ではドレープ性がなく適しません。ヘンプはその中間なので、掛・敷布団のどちらにも適しています。その産業用大麻(ヘンプ)は、非常に利用価値が高いということです。

なぜなら、この麻は他の麻と違い、農薬・科学肥料を使用せずとも生長し、3ヶ月程で4m位の高さまで生育するほど生命力があります。この事実は、幸運にも日本の産業用大麻の栽培を体験できたことで、裏付けが取れています。

この麻は、戦前の日本でも広く栽培されていたことを知っている方は少なくなりました。麻といえば、「大麻」のことを指すぐらい栽培されたのですが、戦後、進駐軍により統制されてからは栽培禁止の植物となり、今や絶滅寸前。現在、神社仏閣にのみ使用を認められており、合法的に栽培されています。では、今なぜ世界的に着目されているのでしょうか?それは繊維質が非常に強く成長が早いため、パルプ原料に応用できるからです。ですからパルプのための森林伐採がなくなります。また、種の油脂分よりガソリンができます。中国の公的文献では繊維織物、布団に使用すれば吸放湿性に優れ、天然の抗菌性があり、健康によいといわれています。また、メルセデスベンツがEクラス以上の車種にドアの裏張りと車体の間の断熱材に、ガラス繊維原料から大麻(ヘンプ)原料に切り替えて環境問題を遂行しております。世界的な企業が採用することで、環境問題と原料としての合理性と利便性が一致したと考えてもよいと思われます。

送料と配送について

送料と配送について 料金表

お支払い方法

クレジット
現在ご利用いただけるクレジットカードはVISA・MASTER・AMEX・JCB・DINERS とその提携カードです。

代金は各カード会員規約に基づき、ご指定の口座より自動引き落としになります。
銀行振込
現金一括の前払いです。
ご注文受付完了メールに記載の口座番号へお振込みください。振込手数料はお客様ご負担にてお願いします。
代金引換(代引き)
商品が届いた際に、商品と引き換えに代金をお支払いいただきます。
返品について
お客様都合の返品は原則お受けしておりません。
詳しくはこちら

ホームページ作成はこちら
お買い物をするならAIモール